東新精工 会社概要

東新精工株式会社は、長年、腕時計の金属ケースに携わってまいりました。腕時計金属ケースは、精密・機能はもとよりデザイン・ファッション性を重視します。3次元CAD/CAMから、最新鋭の工作機械による金属製作、コイニング鍛造プレスにより、腕時計の金属外装ケースを国内外有名メーカーに納入しました。

現在では、時計の技術(冷間鍛造、コイニング鍛造)を基に、深絞り成形技術に加え、デジタルカメラ・携帯電話等デザインを重視し3次元形状を必要とする金属ケースを得意としています。

金型設計・製作からプレス量産までの一貫した自社内の対応により、製品短納期立上げ、金型メンテナンスを含め、お客様から高い評価を頂いております。

お客様の安心と信頼に応える品質保証・コスト・納期厳守・開発力・技術力そして安全・環境を常に考え、進化させてゆきます。

東新精工 社屋外観写真 八ヶ岳山麓が広がる絶景のロケーション

会社概要

会社名 東新精工株式会社
設立 1965年(昭和40年)
代表者 代表取締役社長 両角 憲
資本金 4,200万円
社員数 40人
所在地 〒391-0211
長野県茅野市湖東5451
TEL.0266-78-2126 FAX.0266-78-2855
事業案内
  • ○ デジカメ、携帯電話等の情報機器金属カバーの冷間鍛造金型、深絞り金型、精密プレス金型製作およびプレス部品加工
  • ○ 自動車部品プレス金型製造およびプレス部品加工
  • ○ 精密金型の設計製作
取引銀行
  • 八十二銀行茅野支店
  • 諏訪信用金庫北山支店
取引先
  • デジタルカメラ・携帯電話金属外装部品会社
  • 自動車部品会社
  • 腕時計製造会社

沿革

1927年 現地にて鍛冶屋として個人創業
1959年 精密工業に転業する
1965年 有限会社両角製作所を設立 資本金250万円
1967年 東新精工有限会社へ社名変更 資本金750万円
1968年 冷間鍛造プレスを導入し、セイコー腕時計外装部品の量産体制に入る
1970年 金型設計・製作部門を拡充する
1972年 東新精工株式会社へ社名変更 資本金3,000万円
1974年 資本金4,200万円に増資する
1977年 本社西工場 拡張
NC制御フライス・ワイヤーカット導入
1981年 本社東工場 建替え
セイコー、シチズン、カシオ、オリエント腕時計外装部品の量産体制に入る
1985年 腕時計 中国・台湾など海外取引始まる
1988年 2次元CAD/CAMシステム導入
1992年 3次元CAD/CAMシステム導入
1995年 アルミ腕時計外装部品量産(カシオG-SHOCK)
1997年 MDプレーヤーアルミカバー量産開始
1999年 デジカメ アルミカバー量産開始
2004年 携帯電話 アルミカバー量産開始
2007年 門型250tプレス導入自動車部品量産開始
2008年 門型250tプレス追加導入
2009年 2008年度版ISO9001:2008取得
2017年 門型300tプレス追加導入
2017年 2015年度版ISO9001:2015年版移行

アクセスマップ

■電車でお越しの場合
中央線茅野駅(東口)からタクシーで約15分
[R 152北部中学入り口]

■お車でお越しの場合
東京方面  諏訪南I.Cから約20分
名古屋方面 諏訪I.Cから約20分

RECRUIT

お電話によるお問い合わせ TEL 0266-78-2126
メールによるお問い合わせ
フォームによるお問い合わせ
  • recruit
  • マイナビ2020

ページの上部へ